--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.31

急に見たくなったよ

にゃははです   
                sdffsd.png


ティム・バートン監督のAlice in Wonderland いまとなってはけっこうふるいけど!
 2010年に公開されたティム・バートンのアリスですが、ジョニー・デップが出ましたよね。
苦手なんだよなぁ。顔が・・・

キャスト
帽子屋-ジョニーデップ
白の女王-アンハサウェイ
赤の女王-ヘレナボナムカーター
芋虫-アラン・リックマン
白ウサギ-マイケル・シーン
ジャバウォック-クリストファー・リー

そしてアリスはミア・ワシコウスカという19歳の女の子らしいです。

ちょっと年取りすぎですm(__)m



でも、結構いいかも

やはり思い出すのはヤン・シュバンクマイエル監督のアリス


なんというキャスティング、素晴らしすぎる。アリス、かわいすぎます(*´`*)
このブログはYOUTUBEのタグみたいの対応してない!?みたいなのでニコニコのですが これ全編みれちゃいますね・・。
人形を多く使ってるのがわかりますよね。私も中学生くらいの時妹とあつめてたんです、球体関節人形。
スーパードルフィー ともいうのかな?ちょうどローゼンメイデンというアニメと重なってました。二人してお年玉ためて誕生日にあわせてかってもらうという・・ 実家のドールたちは元気かしら。

ほこりかぶってないかな 放置されて いのち宿ったりしないかな まわしますか?とかいう手紙こないかな

ティムバートンの見た感じではアニメいっぱい使ってます。
間違いなくシュバンクマイエルとは全く違うものになるでしょう。
シュバンクマイエルのアリスは原作を忠実にとかそんな感じではなく、不思議の国のアリスという物語を下地にしてグロテスクさや前衛的な演出手法といったシュバンクマイエル的映像世界をまとめていました。
ルイス・キャロルという変態ロリコン天才写真家が作った不思議の国のアリスは、本当にシュバンクマイエルの作る映像にあっていました。
私は傑作だと思っています。
ティム・バートンのアリスはどんな感じでしょうか~ みた方いますか?

ちなみに、ジャバウォック役のクリストファー・リーは怪奇映画ファンや往年の映画ファンには有名なドラキュラ俳優ですね。
イギリス、ハマー・フィルムが1958年に公開したテレンス・フィッシャー監督の映画「吸血鬼ドラキュラ」のドラキュラで、ヘルシング役のピーター・カッシングとともに一世を風靡しました。
ティム・バートンは映画オタクですね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://siigurrrrrrrr.blog76.fc2.com/tb.php/27-ecbba6a7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Alice in Wonderland・・・
あの作品を不思議の国のアリスと一緒のものとして扱う気になれないなぁ。
「不思議の国のアリス」の続き的なお話しだし
まったくのパロディってなら認めるけど、私の超個人的なアリスの世界観からズレてた気がしたの!!

球体関節人形大好き(*´ェ`*)
ミニっこの男の子が未だに手放せずにアパートにいるよ!
Posted by 小鳥 at 2011.01.31 00:50 | 編集
妹はあはあ
Posted by さんりーふ at 2011.01.31 10:30 | 編集
しぐみん見っけ!

ティムバートン監督のアリスはCGが全面に使われてて映像が綺麗でよかったよ

シュバンクマイエル監督のアリスは見せ方が奇抜でひきこまれちゃうねッ^^b
ニコニコで見てみよっと
Posted by にゃろ at 2011.02.01 14:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。